NEWS

2/18(日)ALL JAPANオープントーナメント「ローズカップ」空手道選手権大会

2/18(日)に地元の福山で開催された【ALL JAPANオープントーナメント「ローズカップ」空手道選手権大会 主催:西日本空手道連盟 日本空手道 志琉会】に参加させていただきました。勇心会館からは19名の選手が出場してまいりました。

結果は~

松浦 季矢  中級小学1年男子  優勝

松浦 心美  中級小学4年女子  優勝

越智 悠眞  中級小学3年男子  準優勝

小林 大蔵  上級中学2.3年男子+55kg  3位

笠井 笑琉  上級中学2.3年男子+55kg  3位

入賞した選手の皆さんおめでとうございます。しかしながら来年のJACの本戦の出場権は獲得できませんでした。

来週は実践会館さんの大会があるので一つでも取れるよう引き続き頑張りましょう。

今大会も600人超えとかなりレベルの高い大会でした。

残念ながら負けてしまった選手も動き自体はかなり良く、あと少しという試合もいくつもありました。

最近は稽古の中でもしっかり集中できているので次は勝てるはずです。頑張りましょう。

主催の志琉会の石井会長を始めスタッフの皆様方、他流の先生方ありがとうございました。

今回もしっかり勉強させていただきました。

 

1/14(日)第9回リアルチャンピオンシップ決勝大会

1/14(日)神戸で待ちに待った【第9回全日本少年少女空手道選手権大会 REAL CHAMPIONSHIPS 主催:リアルチャンピオンシップ実行委員会 主管:宮野道場】に参加させていただきました。勇心会館からは14名の選手がエントリーしてまいりました。

結果は~残念ながら入賞者なしでした。

ただあの舞台でしっかり戦えたことは必ず大きな財産となります。次は一つでも多く勝てるようにまた1年間出場権獲得に向けて頑張りましょう。

今回も審判としてお手伝いさせていただきましたが、今年は過去最多の1600名超えの予選大会を勝ち上がってきた猛者達の熱気ですごいことになってました。

開会式から演出が素晴らしすぎて見入ってしまってました。

自分が試合を見させていただいたコートでも全ての試合がレベルが高く、難しいジャッジが多々ありました。もお少し見たいという試合が多すぎてかなり審判泣かせでした。

出場された選手は強いというのはもちろんなのですが、礼や気合、挨拶、佇まいと全てにおいて素晴らしく勉強させていただきました。

今回出場権が取れなかった選手も写真等でかなり刺激をうけていたので、今年1年が楽しみです。

こんな素晴らしい大会を開催していただいております宮野代表を含め、スタッフの皆様、審判団の方々、各流派の先生方、選手の皆様、保護者の皆様ありがとうございました。

来年も少しでも力になれるよう、また少しでも入賞に近づけるようにまた1年頑張ってまいります。

1日、いや1年間お疲れ様でした。  押忍

1/8(月・祝)勇心会館新春交流試合

皆さま明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年明けに毎年恒例の「勇心会館 2024年新春交流試合」をエフピコアリーナで開催しました。

今年も例年と同じくいつも親交の深い闘輝会館様、実践会館様、拳道会館様に参加いただき年明け早々大変熱い戦いを繰り広げまいりました。

結果は~

幼年

優勝 村井 映月、準優勝 相坂 翔

小学1年男子

優勝 郷丸 健瑠、準優勝 松浦 季矢、3位 有馬 大翔、髙畑 海辰

小学1.2年女子

優勝 郷丸 乃愛、準優勝 入江 紗歌

小学2年男子

優勝 高久 講士朗、準優勝 鈴木 ひすい、3位 髙畑 多偉樹、三阪 羽琥

小学3年男子

優勝 王 元也、準優勝 村上 哲次郎、3位 越智 悠眞、水本 凜音

小学3.4年女子

優勝 三島 紗綾、準優勝 松浦 心美

小学4年男子

優勝 高橋 京芽、準優勝 高久 聖十朗、3位 山本 淳生、瀬尾 俊介

小学5年男子

優勝 柳田 泰寿、準優勝 作田 翔輝、3位 鈴木 廉刻、古村 琉生

小学5.6年女子

優勝 峯 優月、準優勝 小林 加奈

小学6年男子

優勝 高根 知大、準優勝 池田 幹太、3位 山本 永遠、髙杉 凌矢

中学女子

優勝 藤井 藍那

中学男子軽量

優勝 三島 健人、準優勝 花神 大翔

中学男子重量

優勝 小林 大蔵、笠井 笑琉

一般女子

優勝 川内 結愛、準優勝 小林 未奈

一般男子

優勝 毎熊 宏之、準優勝 藤井 健次

今回も一本賞(賞金)がかかっていたので皆目の色が違い、倒す空手をしていました。(いっつもせい!)

その結果かなりの一本賞が出、賞金が乱れ飛び、館長はゲッソリしておりました。

去年の稽古の成果がしっかり出た人も多く実りある交流試合となりました。

そして今打ち終わり思ったことはほぼ他流に優勝かっさらわれている。。。

次回は勇心会館が上位独占できるようまた頑張りましょう。

今回も参加いただいた各流派の先生、選手の皆様、スタッフを手伝っていただいた保護者の方や一般部の選手の皆様ありがとうございました。

1月から全国大会や大きな試合が続きますが、頑張っていきましょう。

そして今年も楽しく、勇心会館らしく、空手と付き合っていきましょう。

プレイバック2023年年末

2023年も当道場にご協力いただきました皆さま大変ありがとうございました。

無事2023年も終えることができ、既に年は明け1月も中盤に差し掛かっておりますが、関わりいただきました皆さまのおかげで大変良い年を過ごさせていただきました。

コロナも5類となりいつもの生活、空手が戻ってまいり日々慌ただしく過ごしました。

今年も新しく勇心会館に入門していただいた方も沢山おり、毎日楽しく空手と向き合わせていただきました。

2024年は更に楽しくみんなに空手と付き合っていってもらえるよう精進してまいります。

最後は文章が浮かんでは消え、そして何も浮かんでこなくなりましたので年末の楽し気な写真で終わりとさせていただきます。

押忍

12/10(日)第10回四国中央空手道選手権大会 敬心杯

12/10(日)に愛媛県で開催されました「第10回四国中央空手道選手権大会 敬心杯」に参加させていただきました。

勇心会館からは4名が出場してまいりました。

結果は~

小学1年男子チャレンジクラス  松浦季矢  優勝

中学2年男子チャレンジクラス無差別  笠井笑琉  優勝

2名が見事優勝しました。(L君は対戦相手欠場の為戦わずして優勝した事は公にはしないでおこう)

季矢は今年空手を始め試合もかなり挑戦したし、家での自主練もかなりやっているのはわかっていたが、まさかあの人数を勝ち切るとは。

自分は審判をしていたということもあり全部の試合を観戦はできませんでしたが、かなりいい動きでした。

L君はみんなのアップなどを手伝ってくれて試合はなかったが良い経験になったのではないだろうか。

武村館長、スタッフの皆様ありがとうございました。今大会は例年に比べて大幅な人数増加で大変だったと思われますが、

自分を含め、みんな良い経験をさせていただきました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

これにて勇心会館の2023年の試合参加は全て終了いたしました。

今年1年良い結果が残せた人やそおでなかった人、また新しく勇心会館に入った人も来年はさらに頑張って一つでも良い結果を残しましょう。

自分もみんなが良い笑顔になれるよう全力でサポートしていきます。

11/26(日)昇級・昇段審査会

11/26(日)に秋の昇級、昇段審査を行いました。

残念ながら自分はインフルエンザとやらにかかってしまい参加できませんでしたが真剣さが写真から伝わってきました。

飛び級ができず悔しがっている人もおり大変実りのあるものとなりました。また稽古頑張って次は飛び級狙いましょう。試合に勝つのはもちろん大事ですが、日頃の稽古、基本動作がかなり大事になりますので、引き続き頑張っていきましょう。

昇段は友好団体の闘輝会館の生徒も含め2名が挑戦しました。結果は2名とも見事10人抜きを完遂し、昇段となりました。黒帯とってからがまた一つのスタートラインだと考えこれからも頑張ってください。。。と、偉そうになってしまいました。

今年も残すところ1カ月あまりとなりました。試合も12月の1試合で終わりです。風邪などひかず最後まで走りぬきましょう。

11/19(日)拳の祭典第43回備前市空手道選手権大会

11/19(日)に岡山県備前市で開催されました「拳の祭典 第43回備前市空手道選手権大会 主催:備前市空手道連盟」に参加させていただきました。

勇心会館からは16名の選手がエントリーしました。(内1名欠場)

結果は~

有馬 大翔  小学1年男子初級  優勝

松浦 季矢  小学1年男子中・上級  優勝

髙畑 多偉樹  小学2年男子中・上級  準優勝

宍戸 甫名  小学2年男子中・上級  3位

作田 翔輝  小学5年男子  優勝

鈴木 廉刻  小学5年男子  準優勝

髙畑 叶空  小学4年女子  優勝

松浦 心美  小学4年女子  準優勝

8名の選手が入賞しました。おめでとうございます。

今回は同門決勝が2試合あったり、格上の選手に勝ち切ったりとかなり見ごたえのある試合が続きました。

今後稽古の組手でも熱を帯びそうで楽しみです。

負けた選手も良い試合をしていた選手もいましたので次は必ず入賞しましょう。

谷口会長、先生方、スタッフの皆様ありがとうございました。

11/5(日)第18回オープントーナメント空手の祭典 マス大山カップ全日本極真空手道選手権大会

11/5(日)に岡山で開催されました「第18回オープントーナメント空手の祭典 マス大山カップ全日本極真空手道選手権大会 主催:国際空手道連盟 極真会館 水口派」に参加させていただきました。

勇心会館からは6名の選手がエントリーしました。(内2名ケガの為欠場)

結果は~

小林 大蔵   中学2年男子+55kg   準優勝

1名のみの入賞でした。負けた選手も惜しい試合がつづきました。

大蔵はミラクルが続き無傷での決勝でした。負けはしましたが全国レベルを経験できたのはかなり収穫かと思います。

また稽古頑張りましょう。

大会は600名超えとかなり大きな規模でしたし、JAC選抜指定大会ということもありかなり強い選手が集まっていました。

来年は自信を付けてみんなで挑戦しましょう。

水口館長、審判団の先生方、スタッフの方々ありがとうございました。

自分は久しぶりに電車で行ったので帰りはしっかりアルコールに浸かって帰り、いい気分でした。押忍

11/3(金)リアルチャンピオンシップ 真正会広島CUP

11/3(金)に広島で初開催された「リアルチャンピオンシップ 真正会 広島CUP 主催:全日本真正空手道連盟 真正会松本道場 広島本部」に参加させていただきました。

勇心会館からは8名の選手が出場させていただきました。(内、2名ケガの為欠場)

結果は~

山本 永遠  中級小学6年男子40kg以上  優勝

笠井 笑琉  中級中学2.3年男子57kg以上  優勝

入賞された方々おめでとうございます。

今回初開催ということもあり、普段試合をした事ない選手と対戦が続きました。

入賞を逃した選手では、アップの感じだと優勝間違いなしと思っていた選手も少し試合に飲み込まれた感がありました。

これも経験なので次頑張って優勝目指しましょう。

優勝した2名は動きもよく、順当という感じでした。次回からは選抜になるのでレベルアップしないと厳しくなりますので引き続き頑張りましょう。

今回の大会で2024年1月に開催されるリアルチャンピオンシップ決勝大会への予選大会の参加は終了しました。

決勝大会に参加される選手は大幅なレベルアップがないと厳しいので稽古集中して取り組んでください。

初開催という事で多くの苦労があったと思いますが、代表の松本館長をはじめ、スタッフの方々、審判いただいた先生方ありがとうございました。

また来年の大会を楽しみにさせていただきます。

10/15(日)第19回倉敷市長杯・会長杯争奪EVOLUTION ALL JAPAN KARATE TOURNAMENT

10/15(日)に倉敷で開催されました「故・西田憲治師範 追悼 第19回倉敷市長杯・会長杯争奪EVOLUTION ALL JAPAN KARATE TOURNAMENT 主催:岡山県極真空手道連盟」に参加させていただきました。

勇心会館からは15名の選手が出場しました。

結果は~

有馬 大翔  初級小学1年男子  3位

清水 遥加  初級小学4年女子30kg以上  優勝

笠井 笑琉  初級中学2年男子50kg以上  優勝

入賞された選手の方々おめでとうございます。

今大会は判定決着が多く、体重判定もかなりの数になっていたこともあり、レベルが高く力が拮抗していました。その中でも勝っていけるようにまた稽古していきましょう。

そして8月に急逝された西田館長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

大会運営いただいた関係者様、スタッフの皆様ありがとうございました。

▲ページトップ